モチベーションUp!

5月 25th, 2014 | Posted by a-sano in 未分類 - (0 Comments)

今日はいきなり、本題から。

研修業をしていて嬉しいこと・・・。

それはやっぱり「研修の成果が目に見えて表れること」です。
そんなの当たり前ですね。

でもその結果がすぐ表れるとき、時間がかかるとき、または全然ダメなときがあります。
そう、いろんなパターンがあるものです。

それは「対 人間」だから難しいのです。
人はそんなに簡単に変われるものではありません。
今まで何十年もかけてきた習慣を簡単に変えるなんて、本当に難しいですからね。

でもそんなこと言っていたら研修なんてやっていられません。
変わってもらわなくちゃ!
そのきっかけを作らなくちゃ!
それが研修講師の役目。

いつもいつもいつも、研修をプログラムするとき、そこを考えて構築していきます。

で、今日はとても嬉しい報告が上がってきました!

なんと!
先週、営業研修した人たちが、かなりの確率で結果を出し始めてきたようなのです!
契約が続々と・・・!!

研修して一週間、もちろん偶然が重なったのかもしれません。
でも今までちょっと低迷していた彼らの何人もが結果を出し始めているっていうのは、やっぱりとっても嬉しい!!
そしてそんな仲間に、周りだって触発されるはずだから、もっと結果が出るはず!
明日からも楽しみ!!

こうなると「研修して良かったぁ~っ!」て、私もモチベーションが上がります!
単純だけど「次回の研修も、もっとしっかり頑張るぞ!」って気合いが入ります。
3回シリーズであと2回研修が残っている。
「じゃぁ、今度は何の話を出そう????」と、頭の中でアイディアがぐるぐるぐるぐる回り始めます。

こんな私の体験から考えると、人間はやっぱり結果が出ると「頑張る力」が倍増するものですね。
きっと扁桃体(大脳辺縁系の中にある神経核)が「Happy」状態になって
頑張るホルモンが分泌されるのでしょう。

うん!うん!!
やる気満々!!です!!

だから、今日皆さまにお伝えしたいことは、

些細なことでも何でもいいから、自分で

 ”よしっ!OK!頑張った成果があがった!!自分偉い!” 

って、自分を認める、自分を褒めてあげるようなことを見つけると頑張る力、やる気が湧いてきますよ! ということ。

小さなことでもいいと思うんです。
自分がワクッとするようなこと。

それを考えるだけでも「Happy」になれると思います。

さぁ、そんな感じで明日からの一週間も頑張りましょう!

Be happy!

姿勢

5月 18th, 2014 | Posted by a-sano in 未分類 - (0 Comments)

最近、気候が良くなってきて世の人々が薄着になってきたからなのか、
歩いている人の姿勢がとても気になるようになってきました。

冬の間は寒いから沢山着込んでいて、なんとなく猫背になってしまっているのかと思うのですが
薄着でもそれを引きずっている人がいるのです。

う~ん、それはやっぱりカッコ悪い!

逆に、偉そうにふんぞり返って歩いている人もいますよね。
それもあんまりカッコよくない・・・。

姿勢は大事ですね。
第一印象でも大きく左右するものです。

例えば、異業種勉強会や交流会の時。
印象がいい人はやっぱり姿勢がステキです。

そしてそんな時、父が言っていた言葉を思い出します。

「剣道で言う自然体の構えとは、人間自然の構えであり、いかなる打突にも対応できるようになっている。
  1.背骨をまっすぐに伸ばすこと。
  2.頭がその上に正しく乗っていること。
  3.全身がリラックスしていること。
 そして内面的には、”氣 ”を発するところの丹田に力を入れることが大事。
 今の時代、後ろからブスッと刺されることはないだろうが、
 職場や人間関係でいかなる時も心穏やかに対応できるように、日ごろから姿勢を正しておいたほうがいい。
 そうすることで、健康にもなれる。
 健康と言うのは、ただ「病気をしない」ということではない。
 「腱」が健やかで、「康」すなわち「心」が安らかであるということ。 
 姿勢を正すことにより、健康にもなれるものだ。」

つまり「姿勢」 = 「構え」 であり
構えも「身構え」と「心構え」があるのだそう。

そういえば、こんな言葉も聞いたことがあります。

・・・ 形の隙を心で補い、心の隙を形で守る ・・・

う~ん、たかが姿勢、されど姿勢!

さて、姿勢を正してまた新しい週にまいりましょうか!

健康でステキな週にいたしましょう!!!

Be happy!

母の日

5月 11th, 2014 | Posted by a-sano in 未分類 - (0 Comments)

今日は母の日。
ついこの間は子供の日でした。

調べてみると世界中に「子供の日」や「母の日」があるけれど、
国によってその決まっている日が違うものなのですね。

でも日にちは違っても、どんな国でもその日があるということは
やっぱり子供、母、父ってお互いに大事にしなくてはいけないものだという前提が
そこに流れているのでしょうね。
そして敬老の日は、特定の「おじいさん」「おばあさん」を指すものではないけれど
やっぱり自分にとっての祖父母に「ありがとう」を言うものです。

家族とは、見返りの無い愛情をお互いに注ぐもの。
陰で支え続けるもの。
いつも応援してくれている人達。
当たり前のようにそこにいてくれる。
かけがえのない人たちですね。

そんなことを考えながら、今日の母の日を過ごしています。
感謝の言葉とともに、「ありがとう」の言葉を形にしたプレゼントも贈りました。
喜んでくれた母に、これまた感謝です。
喜んでもらえると、一所懸命に時間をかけて選んだかいがあって、贈った私もハッピーになります!

と言うことで、これも一つのホスピタリティですね。

ホスピタリティとは、「相手に気持ち良く、心地よく感じてもらうこと」です。
だからこんな行事で相手に心を届けることもホスピタリティなのです。

今日はお天気も良く、街角のカーネーションの赤が映えますね!
世の中いい感じです!!

明日から始まる一週間もこの調子で張り切ってまいりましょう!
いいことたくさんありそうです!
笑顔でGo!!

Be happy!

子供の日

5月 5th, 2014 | Posted by a-sano in 未分類 - (0 Comments)

今日は5月5日、子供の日。
男の子の節句である端午の節句ですが、私は一人っ子で育ったので、
女の子でも子供だからと家族でお出かけするという習慣がありました。

いろんなところに連れて行ってもらいました。
どこに出かけても混んでいる日なのに、動物園や遊園地、デパートで子供の日プレゼントのお買いものと
何だかとっても甘やかされて育ったように思います。
でも愛されていた実感がありました。
モノを買ってもらっり、お出かけしたからだけではなく、心に感じるものがありました。
だから安心して成長できたんだと思います。
楽しい思い出は人生の宝ですね。
両親に今でも思いっきり感謝しています。

私はこの両親の間に生まれて本当に幸せでした。

父はもうこの世にはいないけれど、でも今でも私を助けてくれます。

実はこの間の新任役員研修の中にも、たくさんの父の教えのエッセンスを盛り込みました。
父の残した記録の中に「剣道の高段者としての心得六か条」があるのですが
これは企業のトップにもそのまま当てはまることなのです。
それをご紹介して「掴み」は完璧!
研修もスムーズに進んだというわけです。
ホント感謝です!

母も元気でいてくれて、未だに相談に乗ってくれて
いろんなアドバイスをしてくれる本当にありがたい人生の先輩です。
頼りがいのある存在です。

と、こう考えると私は「本当に幸せものだなぁ」としみじみ思います。

ふとそんなことを考えた2014年子供の日でした。

あなたの「子供の日」の思い出は何ですか?
是非、懐かしい日々を思い出してみて下さいね。
優しい気持ちになれますよ!

Be happy!

出来る人の姿勢

5月 4th, 2014 | Posted by a-sano in 未分類 - (0 Comments)

2014年4月、一ヶ月の研修、講演、講座、講義を受講して下さった人数を考えたら
何と約1000人の方へお話したことになります。
うひゃぁ~、我ながらビックリ!!
道を歩いていたり、電車に乗ったり、レストランで食事をしているとき、
何となく「この人、私のことを知っているかもしれない・・・」と最近感じることが
多くなってきたのはそのせいでしょうか?
私が知らなくても向こうは私を知っている・・・?!
ちょっと怖い気もしますが、でもこれは仕事柄、仕方ないのでしょうねぇ・・・。

さて、そんな中で、先月特に確信したことをお伝えしようと思います。

それは  「頷く」 ということ。

1000人もの方々にお話しいたしましたが、
その中でも印象的だったのが ”新任役員さま ”たちへの研修の時です。
とにかく聴く姿勢が違うのです。

この研修は

「カッコいい本社役員になる!」

という、ちょっとわからない?ふざけた?(もちろんふざけてなんていなくて、いたって真面目)タイトルで
行いました。
世の中、大企業の役員になれるのは1000人に一人、「わずか0.01%の人しかなれない」と言われておりますが、
まさにそんな方々・・・バシバシの出来るオーラがほとばしり・・・・。
さすがにこの時ばかりは、私も緊張いたしました。

でもそんな中で、彼ら8人はものすごく一所懸命お話を聴いてくださるんです。
きっちりメモまで取りながら、そしてしっかり頷きながら・・・。
そうされると、もっともっと私の持っている限りの力以上に何かお伝えしようと
こちらも必死に頑張ります!
質疑応答しながら、実力以上のものを出し切れるような気もいたします。

「頷く効果」ってものすごっく大きいものなのです。

でもいつも思うのですが、
日本人の男性って結構頷く人が少ないんですよね。
10年以上この仕事を続けておりますが、
しみじみ思うことの一つでもあります。

ということで、それを毎月の講座でお話したところ、
何とアンケートにこう書かれました。

” 男性に厳し過ぎませんか? ”と。

それは女性の字で書かれてありました。
何故?わからない。
最初は「何のことだろう?」と思って不思議でしたが、思い当たるのは・・・

「日本人の男性は本当に頷かない人が多いんです。
 女性はかなり頷いてくださるんですけどね。
 ある時、ある男性にそれを尋ねたら”研修の時なんて頷きませんよ、でも1対1の時は頷いてますから”
 と言われたので、その人が1対1で話しているところを見ていたら、やっぱり頷いてませんでしたよ。
 ほら、やっぱり頷かないじゃないの!と思いましたけどね。
 皆さまはいかがでしょう?
 男性の皆さま、是非頷く意識したほうがいいですよ!
 今日も皆さま、頷いていないこと、気づいてますか?」と。

これが”男性に厳しい”と受け止められたのでしょう。
ちょっとびっくりしましたが、ま、そんなことは気にしていられません。

私はこれからも、もっと話を聴くときは
自分の姿勢に気を付けましょうと伝えていくつもりです!
誰に何と言われようとね。
だって、できる人は間違いなくやっていることですから!

頷けるのは、謙虚に相手の話を聴こうとして相手を受け止められるからです。
謙虚さが無く傲慢だと、「何言ってるんだ?!」で終わってしまいます。

どんな話にも何かしら学ぶところはあるはずです。
それに気づけるか気づけないかも、その人の器の大きさでもあると思います。

新任役員の方々は、まさにその模範だったと思います。

「実るほど頭を垂れる・・・」ですよね?!

さて、私もこれからもいろんな人のお話をいっぱい頷きながら聴いて
もっともっと気づける人になっていきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

Be happy!